トゥンカカフェ(Tunk Ka Cafe)の行き方

Pocket

プーケットではかなり有名になったレストラン「トゥンカ・カフェ」は、プーケットタウンに位置して、人気のオールドタウンからも近く、ランヒルという展望台があり、プーケットを一望できる場所です。

繁忙期には、良いお席を確保したいということで、予約が必要です。

良いお席何故必要なのでしょうか?

「トゥンカ・カフェ」は、プーケットタウンを一望できて、昼は、街並みが見れるし、夜には夜景が素敵なんです。

そして、レストランのお席で見晴らしの良いお席に座りたいため、事前に予約して景色の良いお席を確保しておくのです。

Q1.「トゥンカ・カフェ」までどのように行けば良いでしょうか?

A1.地元の運転手さんは、ほとんどの人が知っているほど有名なレストランです。

ですので、ガイドブックを見せて、ここに行きたいと伝えれば良いです。

Q2. タクシーを行きの片道だけを予約すれば良いですか?

A2. タクシーの運転手さんにずっと待ってもらってもらうのは悪いし、待機料金も発せするから、行きの片道の送迎だけを頼む人がいますが、行きだけの予約はやめた方がいいです。

なぜなら、「トゥンカ・カフェ」は、ランヒルという展望台がある一番上にあります。

急な坂を上っていって、一番下から展望台までは、車で約10分ぐらいかかります。

昼間なら散歩がてら、下り坂ですし、疲れないと思いますが、歩道はないので、車が危険です。

まず、タイでは歩いている人は少ないですので、車に十分気をつけてください。

そして、夜の場合は、徒歩で下るのは絶対にお避けください。

車による事故もですが、かなり暗い道を歩いて行きますので、タクシーを利用するなら、往復でご予約するのをお勧めします。

Q3. 日本語のメニューはありませんか?

A3. 日本語メニューは残念ながらありません。

ですが、おすすめ料理は写真付きでありますので、お店のお勧めを注文すれば、まず外さないと思って良いです。

メニューは、タイ語と英語が記載されているので、スマホの翻訳機能を使って、どんな料理なのか大体分かると思います。

スマホの翻訳機能のカメラ入力を押すと「ここにテキストを合わせます」と表示されますので、英語のメニューに合わせてみてください。そうすると訳してくれますよ。

Q4. 展望台にも行きたいし、「トゥンカ・カフェ」レストランにも行きたいです。近いですか?

A4. 展望台がある場所と「トゥンカ・カフェ」は歩いて2分ぐらいです。

タクシーやトゥクトゥクは、展望台がある場所の駐車場で止めます。

手前に展望台があり、そのまま先に歩いて行くと「トゥンカ・カフェ」レストランがあります。

展望台の場所には、何件かレストランがありますが、「トゥンカ・カフェ」と書いてあるレストランへお進みください。

Q5. 食事代はどれくらいかかりますか?

今回、私たちが注文したメニューですが、参考にして頂ければと思います。(合計金額 1455バーツ)

ビールを今回注文しておりませんが、ビールを注文しても4人ぐらいで合計2000バーツぐらいではないでしょうか?

一人200バーツ~300バーツほどでお腹いっぱいになります。

一品一品の量が多いので、2品お持ち帰りにしてもらいました。

勘定伝票には、VAT(タイの所得税)は記載されておりませんでした。

内税なのでしょうか?

サービス料金10%は勝手に取られていないですので、チップを渡すのを忘れないでくださいね。

欧米では、食事分の10%をチップとして渡すとガイドブックに記載されております。

特に10%は気にしないでも、気持ちいいサービスでしたら、もちろん20%を差し上げても良いと思います。

最低でも5%はチップとしておくようにしましょう。

ドリンク

マンゴーシェイク 70バーツ

スイカシェイク 60バーツ

ミネラルウォーター 25バーツ

アイスミルクティー 50バーツ

食事

シーフードチャーハン 一人前 80バーツ

イカのガーリック炒め 一皿 160バーツ

蟹の身のカレー炒め 一皿 300バーツ

エビとサトー豆の炒め物 一皿 240バーツ

エビフライ 一皿 240バーツ

エビのナンプラー漬け 一皿 150バーツ

タイ米 1膳 20バーツ


まとめ

スタッフは、とってもフレンドリーで、こちらが写真撮ってくださいと頼んでいないのにスタッフからお声を掛けてもらえました。

この日は、ちょうどご家族の誕生日を「トゥンカ・カフェ」で祝っている方もいました。

森に囲まれた感じのカジュアルなレストランで、とても落ち着くことができました。

予約していっていないのにもかかわらず、なるべく景色の良いお席にしようとしてくれたスタッフの心遣いに感謝します。

Pocket

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です