ニューハーフショーでの注意点

Pocket

タイでは、ニューハーフ(オカマ)が、従業員として普通に働いています。
いつでもどこでも、普通に見かけます。
これがタイでは普通です。

髪の毛を長くして、お化粧もして、接客をしている人もいれば、男性の格好でなよなよして、お化粧だけしているオカマちゃんもいます。

ショーでお仕事をしている人は、やっぱりきれいですし、お化粧もうまいです。
タイに来たら、やはりニューハーフ(オカマ)ショーは、一度は見たいと思います。

抜群に綺麗な人は、プーケットのパトンのバングラロードのニューハーフバー、サイモンキャバレーショーなどで働くのですが、そのときにご注意していただきたいことがあります。

Q1. ショーを見たあと、ニューハーフと一緒に写真を撮ったので、チップと言われました。いくらぐらいチップを渡せばいいのですか?相場を教えてください。

A1. 相場は、40~50バーツです。チップとはお気持ちですから、100バーツを差し上げていただいて大丈夫です。
初めてのタイ、お札の種類もあまり理解していないと思います。
どのお札を渡していいのかわからないからといって、決してお財布の中身を見せてはいけません。
みんなが親切だと思ったらいけません。中には、コンビニの定員はちゃんとお財布からこれこれって正しいお札をとって、正確なお釣りを渡す人もいますが、みんながそうだと思わない事。必ず、ご自身で確認することが大事です。
中には、嘘をついて「これ、これ!」といって違う高額なお札をお客様からもらおうとするずる賢い人もいます。

タイの紙幣は、緑色のお札(20バーツ)、水色のお札(50バーツ)、ピンク色のお札(100バーツ)、紫色のお札(500バーツ)、茶色のお札(1000バーツ)とお札にも必ず数字が記載されていますので、確認しましょう。

Pocket

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です