お酒の販売時間と販売日

Pocket

タイでは、お酒の販売時間や販売日に規制があります。

タイは仏教国ですので、規制があるのはわかりますね。

タイは上座部仏教(小乗仏教)で、タイのお坊さんには厳しい5つ戒律があります。

1. 殺生してはいけません。

2. 泥棒してはいけません。

3. 性交してはいけません。

4. 嘘をついてはいけません。

5. 飲酒してはいけません。

タイの祝日は仏教に関する祝日もあるので、禁酒日ももちろんあるわけです。

それでは、お酒の販売時間と禁酒日を大きく2つに分けて見ていきます。

お酒の販売時間

なぜ、このように販売時間が決まってしまったのかというと、交通事故多発と理由らしいです。

11時~14時までの3時間、17時~24時までの6時間の間にお酒を買うようにしましょう。

コンビニやスーパーなどでは、レジに記録されてしまうので、1分過ぎても、販売は断れると思ったほうがいいですね。

定期的な役所のチェックにより、時間を過ぎて販売している場合は、販売店が違反として罰せられてしまいます。

小さな雑貨屋さんであれば、レジなんかはもちろんないと思うので、その場合は売ってくれるらしいですが・・・

タイの禁酒日

タイの祝日でも仏教に関する祝日は、禁酒日になります。

2017年 タイの禁酒日
2月11日(土) マーカブーチャー(万仏祭)
5月10日(水) ヴィサーカブーチャー(仏誕節)
7月8日(土) アーサーカブーチャー(三宝節)
7月11日(火) カオパンサー(入安居)
10月5日(木) オークパンサー(出安居)

夜中の12時を過ぎたら、もう飲めなくなってしまうバーもありますよ。
お酒を販売しているゴーゴーバー、ディスコ、バー、クラブなんかは禁酒日に営業すると「罰金1万バーツまたは禁固6ヶ月」に経営者が適用されてしまうのです。

バーによっては、最初からその日はお店を開けないところもあるようです。

観光客は知らなかったという人もいると思います。
前もって調べて、家飲みはOKですので、買い込んでホテル内で飲むのであれば、問題ないようです。

祝日以外でも特別な日で禁酒日とは、「選挙日」と「国民投票日」の前日と当日です。

2016年8月7日に選挙があったのですが、そのときは前日の18時からお酒の販売は禁止になっておりました。

Pocket

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です