バンコク市内からドンムアン空港への行き方

Pocket

バンコクには、国際線のスワンナプーム国際空港(英語でSuvarnabhumi International Airport、タイ語でสุวรรณภูมิ)と国内線の運行がほとんどのドンムアン空港(英語でDon Mueang 、タイ語でดอนเมือง)があります。

スワンナプーム国際空港は、2006年9月28日に全面開港したので、それまでは国際線も国内線もドンムアン空港を利用していました。

タイに始めて旅行に来たのは20年前。ドンムアン空港に着いたとたんあの独特のにおいがあり、タイに来たという実感がもて、私はドンムアン空港のほうが落ち着きます。

今までは、ドンムアン空港に行くのにメータータクシーを使用していたが、タクシーの運転手と金額のことで嫌な思いをしたことがあったし、節約のために安い方法でドンムアンまで今回行ってみました。

Q1. バンコク市内からドンムアン空港まで安い方法で行きたいのですが、どんな行き方がありますか?

A1. バンコク市内はBTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)があり、バンコクの中心部をを運行しているので、どこへ行くときも便利です。ローカルバスよりは高めですが、ローカルバスは慣れないとどこに行ってしまうかわからないので、BTSや地下鉄のほうが気軽に乗れます。BTSでまず、モーチット駅(英語でMo Chit Stationタイ語でสถานีหมอชิต)まで行ってください。
MRT(地下鉄)の場合は、チャトチャック公園駅(英語でChatuchak Park、タイ語で สถานีสวนจตุจักร)まで行ってください。

BTSのモーチット駅で下車したら、3番の出口を出ます。
MRTのチャトチャック公園駅の場合は、2番の出口を目指します。

そうすること下記の写真のようなバス乗り場があります。
DSCF1872 DSCF1871
A1またA2とバスに書いてあるバスに乗るのですが、バスには時刻表はありません。

また、A1やA2のバスだけでなくて、番号が書いてあるだけのバスだったり、いろいろなバスの乗り場になっているので、A1まはA2と書いてあるバスに乗ってください。

スーツケースを持った人がどやどや乗っていくので、わかると思います。
バスの中の様子です。
IMG_2660

ここが出発地点ですので、当然乗客はいません。ですので、ドンムアン空港までは座って行けます。冷房も効いているバスなので、よかったです。

しばらくすると集金係が来てお金を払います。

なんと、30バーツですよ!激安価格!

今までタクシーを使っていたのはなんだったんだろう・・・
スクンビットからドンムアン空港まで、いつもだいたい300バーツ+チップを払っていたような・・・

10分の1の値段です。

当然、ドンムアン空港から市内にもこのバス(エキスプレスバス)が出ています。

今度からはこの方法で、バンコク市内まで安く行けますね。

15時頃は渋滞がないので、モーチット駅からドンムアン空港までの所要時間は約25分でした。到着場所は、ターミナル1とターミナル2の中間に下ろされます。
DSCF1875 DSCF1874
思ったより早く空港に到着したので、ちょっと腹ごしらえ。

4階には、マクドナルドなどファーストフードもあったが、私はやっぱり銀だこ~

今回は、ギリギリになった決まったバンコク行きだったので、3日前にバンコク-プーケットの航空券を予約しました。ノックエアー(税込)で1399バーツでした。

ウエブチェックインをしておいたので、席の指定もでき(もちろん窓側)、カウンターでのチェックインもスムーズにできました。
IMG_2664 IMG_2665

IMG_2667 IMG_2666

搭乗口の前です。子供の遊び場もあるので、お子様連れにはいいかも。

ノックエアーは時間通りに出発しました。ちなみにエアーアジアはよく遅れます。

約1時間20分のフライトで、ノックエアーは機内食(ミネラルウォーター、カップケーキ)付きです。ちなみにエアーアジアは全て有料です。
がんばれ!エアーアジア

タイのLCC(格安航空会社)は、いろいろあります。
おすすめのLCCをご案内します。
時間のある方は、LCCを利用してタイのいろいろな所に行くのもいいかもしれません。

エアーアジア(Air Asia)
ノックエアー(Nok Air)
オリエントタイ(Orient Thai Airlines)
タイライオンエアー(Thai Lion Air)

最近(2016年4月現在)は、ライオンエアーが安いという情報を入手したので、今度はライオンエアーを利用してみようと思います。

友人は、バンコクまで片道ひとり720バーツ(税込)と言っていました。

Pocket

広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です